リバーボートカジノ

一攫千金のスリルが好きな方に向けて

施設の内部

カジノがクルーに提供する施設はこちらです。

船上のオフィス

船の中心に位置するオフィスには、船長の執務室があります。

クルーラウンジ

ここはクルーが集まってくつろぐ場所です。

カジノカウントルーム

ここは船の一部で、カジノがある場所です。

行こう

ようこそ

リバーボートカジノへようこそ!

デッキの探検

カジノとその周辺をご案内します。

世界トップ3のリバーボートカジノ

世界でも3本の指に入るリバーボートカジノです。

トレジャー・チェスト・カジノ

アメリカ合衆国のルイジアナ州・ケナーにあります。

サムズ・タウン・ホテル&カジノ

アメリカ合衆国のネバダ州・ラスベガスにあります。

ハリウッド・カジノ・バトンルージュ

アメリカ合衆国のバトンルージュにあります。

最新の投稿

リバーボートカジノ

川船

過去数十年の間にカジノ業界は独特な形態へと変貌を遂げました。エレガントなレストランから目を見張るような建物まで、カジノ業界が地球規模の壮大な業界の一つとなったことは間違いありません。リバーボートカジノはそうしたユニークなアイデアの一つで、水上で運営されます。即ちリバーボート上で運営されるカジノということです。現在アメリカの4、5州にありますが、アメリカの様々な州でその運営が法的に認められているビジネスです。そのカジノが建設される場所には一定の規制が設けられています。

歴史:

リバーボートはミシシッピー州で長い歴史を持っています。最初リバーボートは乗客を運んでいましたが、20世紀までの間にそれが列車に取って代わられました。それによってリバーボートに新しい時代が訪れることになったのです。リバーボートはやがてダンス、小旅行、ギャンブルなどの娯楽目的に使用されるエンターテイメントの一つとなりました。当初はリバーボート上でのギャンブルに規制が適用されており、ボートが船着き場から離れて運行している時にしかギャンブルを行うことはできませんでした。また、最初は特定の客しか利用することができませんでした。やがてその存在が根付いてくるにつれて、リバーボートはミシシッピー川のトレードマークとなっていきました。

当初の合法化と規制:
当初ギャンブルはボートの運行中にのみ許可され、停泊中は禁じられていました。このことからリバーボートがエンターテイメントの重要な一部として生まれ変わっていきました。アメリカでこれが最初に合法化された州はミシシッピー川とその支流が流れるイリノイ州、インディアナ州、ルイジアナ州、ミシシッピー州それにミズーリ州でした。しかし、この合法化には規制が伴っていました。1994年と1998年にリバーボートカジノを統制・評価するため、法の改定が行われています。

変更:

ギャンブルがかつて以上の歳入をもたらすようになっていくと、当初の規制が変わり始めました。多くのリバーボートがスティルト上での営業を許可されるようになったのです。ただし水上でという条件付きでした。そうした規則の変更は、リバーボートが州にもたらす大きな歳入が理由でした。しかし2005年のハリケーン後、大々的な変更が起こりました。その自然災害が多くのリバーボートカジノとその関連ビジネスを破壊してしまいました。その後改定された法律により、一定の規定に従うことを条件として、カジノを陸上に建設することが許可されるようになったのです。

歳入:

川船

リバーボートカジノ業界は非常に実入りが大きく、様々なアクティビティを通して多額の収入をもたらしました。さらにリバーボートカジノにはライブミュージック、美味しい食べ物、様々なゲームもあります。ルイジアナ州だけをとってみても、2017年にはリバーボートカジノが19億2千万ドルの歳入をもたらしました。陸上を拠点とするカジノにとって、リバーボートは大きな競合相手となっています。

娯楽性:

リバーボートは水上に浮かぶカジノです。その設計から広々とした眺めまで、これまでに味わったことのない時間を経験することができます。そればかりでなく、夏の暑さをしのぐ最高の方法でもあります。

結論:

リバーボートカジノは他では味わえない経験を提供してくれます。水上のカジノを訪れる経験はそう頻繁にあることではありません。リバーボートカジノはそのエレガンスと上質のサービスで知られています。訪れる機会があれば、きっと人生で最高の忘れられない一日となるはずです。