リバーボート・カジノ

収益と運試しのゲーム、ポーカー、ルーレットおよびその他のギャンブルゲームに対する人々の関心度という点では、ギャンブル業界は世界でも最も有力な業界の一つだと言えます。カジノは人々がハメを外して大いに楽しむ場所です。大規模な観光用複合施設、ホテルチェーン、高級施設などの中に設置されていることが多いものの、小規模でも訪れる価値のあるような独立施設として建設される場合もあります。

リバーボート・カジノとは

文字どおりリバーボートの船内に設けられたカジノがリバーボート・カジノです。これは米国のミシシッピー川で最も多く見られます。リバーボート・カジノは20世紀に中西部の様々な州で人気が急上昇しました。ギャンブラーにとって、実店舗カジノを禁じていたそれまでの法律の抜け道となったからです。当初は、航行している時のみにギャンブルが許されていたボートもありました(船酔いする人たちにとっては辛いものでしたが!)

今日ではリバーボート・カジノはその造りと魅力的な外観により、人々にユニークな体験を提供しています。リバーボート・カジノには、自然の美しさと余興を兼ね備えた、この上ない雰囲気があります。ご旅行中のアクティビティとしてリバーボート上でのギャンブルをご希望される、あるいは、水に浮かぶカジノという少し特別な発想を体験してみたいなら、ぜひ一度足を運んでみてください。

リバーボート・カジノの歴史

ギャンブル業界の本質は社交とエンターテイメントであり、さまざまなタイプや業態のギャンブルが存在するため、広義において複数の観点から考えることができます。

リバーボート・カジノの歴史はさほど長くはありません。このタイプの施設は、アイオワ州の議員たちがリバーボートでサービスとカジノゲームを提供することを許可する法律を可決した1989年に登場しました。その後1991年に最初のリバーボート・カジノが創業者のバーナード・ゴールドスタイン氏によって正式にオープンされました。同氏は、スチームボート・ディベロップメント・コーポレーションという造船会社のオーナーで、ダイアモンド・レディーとレディー・エメラルドと命名した2隻の外輪船をアイオワ州ベッテンドルフでミシシッピー川に進水しました。

リバーボート・カジノの登場から数年でこの手の水上施設への需要が爆発的に増大しました。リバーボート・カジノはミシシッピー川のほか、インディアナ、イリノイ、ミズーリの各州にも起用されました。ミシシッピー川では全部で6隻の水上カジノマーケットが設けられ、総数60台以上のボートと船上カジノが営業していました。

最高のリバーボート・カジノ

リバーボート・カジノの人気と数においては米国が間違いなくナンバーワンですが、このギャンブル業態は徐々に他の国々へも広まっています。最も評判が高くすばらしいリバーボート・カジノをご紹介しましょう。

  • スター・オブ・フォーチュン(Star of Fortune

これは世界で最も印象的なリバーボート・カジノの一つで、ブエノスアイレスにあります。この豪華客船は大抵プエルトマデロの華やかな埠頭に停泊しており、その見事なLED照明が夜空を照らし出しています。素晴らしいのはそれだけではありません。このカジノには700以上のポーカーとブラックジャックのテーブル、ルーレット、スロットマシンがあり、数々のバーとレストランが年中無休で営業しています。

  • ミシシッピー・ベル II(Mississippi Belle II

 

 

このボートは伝統的な20世紀のリバーボートをモデルとして建造され、紅白の外輪のデザインが特徴的です。様々なカジノゲームのほか、豪勢なビュッフェでも有名で、ゲストはお気に入りのギャンブルゲームと美味しい食事の両方を楽しむことができます。

  • トレジャー・チェスト・カジノ(Treasure Chest Casino

このボートの本社は米国のルイジアナ州にあります。ここは無数の正統派カジノゲームのほか、パイゴウポーカーやミシシッピー・スタッドなどのゲームも備わっています。この ボートではミシシッピー川で獲れたカニを始め、豪華な食事を楽しむことができます。

  • カジノ・サンボーン(Casino Sunborn

このスーパーヨットにはカジノだけでなく、ホテル、レストラン、バー、ジムなどもあります。スペイン南部の埠頭に停泊しています。